名前空間
変種
操作

std::hash (std::bitset)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | bitset
 
 
 
 
template<size_t N> struct hash<bitset<N>>;
(C++11およびそれ以降)

std::hashstd::bitset<N> に対するテンプレート特殊化は、ユーザが std::bitset<N> 型のオブジェクトのハッシュを取得することを可能とします。

[編集]

以下のコードはいくつかのビットセットに対して使用したハッシュ関数のひとつの出力例を示します。

#include <iostream>
#include <bitset>
#include <functional>
 
int main()
{
    std::bitset<4> b1(1);
    std::bitset<4> b2(2);
    std::bitset<4> b3(b2);
 
    std::hash<std::bitset<4>> hash_fn;
 
    size_t h1 = hash_fn(b1);
    size_t h2 = hash_fn(b2);
    size_t h3 = hash_fn(b3);
 
    std::cout << h1 << '\n';
    std::cout << h2 << '\n';
    std::cout << h3 << '\n';
}

出力:

67918732
118251589
118251589

[編集] 関連項目

(C++11)
ハッシュ関数オブジェクト
(クラステンプレート) [edit]