名前空間
変種
操作

std::type_info::hash_code

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types‎ | type info
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
std::type_info
メンバ関数
Original:
Member functions
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
type_info::hash_code
(C++11)
 
size_t hash_code() const;
(C++11およびそれ以降)

同じ型を参照するすべての type_info オブジェクトに対して、その hash_code() が同じになるような、未規定の値を返します。

他の保証は何もありません。 異なる型を参照する type_info オブジェクトが同じ hash_code を持つ可能性もあります (処理系は可能な限りこれを回避することが推奨されてはいますが)。 また同じプログラムでも実行のたびに同じ型に対する hash_code が変わる可能性もあります。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

同じ型を参照するすべての type_info オブジェクトに対して同じであるような値。

[編集]

以下のプログラムは std::type_index を使用せずに型と値を効率良くマップする例です。

#include <iostream>
#include <typeinfo>
#include <unordered_map>
#include <string>
#include <functional>
#include <memory>
 
struct A {
    virtual ~A() {}
};
 
struct B : A {};
struct C : A {};
 
using TypeInfoRef = std::reference_wrapper<const std::type_info>;
 
struct Hasher {
    std::size_t operator()(TypeInfoRef code) const
    {
        return code.get().hash_code();
    }
};
 
struct EqualTo {
    bool operator()(TypeInfoRef lhs, TypeInfoRef rhs) const
    {
        return lhs.get() == rhs.get();
    }
};
 
int main()
{
    std::unordered_map<TypeInfoRef, std::string, Hasher, EqualTo> type_names;
 
    type_names[typeid(int)] = "int";
    type_names[typeid(double)] = "double";
    type_names[typeid(A)] = "A";
    type_names[typeid(B)] = "B";
    type_names[typeid(C)] = "C";
 
    int i;
    double d;
    A a;
 
    // note that we're storing pointer to type A
    std::unique_ptr<A> b(new B);
    std::unique_ptr<A> c(new C);
 
    std::cout << "i is " << type_names[typeid(i)] << '\n';
    std::cout << "d is " << type_names[typeid(d)] << '\n';
    std::cout << "a is " << type_names[typeid(a)] << '\n';
    std::cout << "b is " << type_names[typeid(*b)] << '\n';
    std::cout << "c is " << type_names[typeid(*c)] << '\n';
}

出力:

i is int
d is double
a is A
b is B
c is C

[編集] 関連項目

オブジェクトが同じ型を参照しているかどうか確認します
(パブリックメンバ関数) [edit]
型の処理系定義な名前
(パブリックメンバ関数) [edit]