名前空間
変種
操作

std::numeric_limits::quiet_NaN

提供: cppreference.com
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
 
static T quiet_NaN();
(C++11以前)
static constexpr T quiet_NaN();
(C++11およびそれ以降)

浮動小数点型 T によって表現される特殊な値「quiet NaN」を返します。 std::numeric_limits<T>::has_quiet_NaN == true の場合にのみ意味があります。 IEEE 754 (浮動小数点数の最も一般的な2進表現) では、指数部のすべてのビットがセットされ、仮数部の少なくともひとつのビットがセットされたあらゆる値が NaN です。 仮数部のどの値が quiet NaN や signalilng NaN を表すか、および符号ビットが意味を持つかどうかは処理系定義です。

目次

[編集] 戻り値

T std::numeric_limits<T>::quiet_NaN()
/* 非特殊化 */ T()
bool false
char 0
signed char 0
unsigned char 0
wchar_t 0
char16_t 0
char32_t 0
short 0
unsigned short 0
int 0
unsigned int 0
long 0
unsigned long 0
long long 0
unsigned long long 0
float NAN または別の処理系定義の NaN
double 処理系定義
long double 処理系定義

[編集] 例外

(なし) (C++11以前)
noexcept 指定:  
noexcept
  
(C++11およびそれ以降)

[編集] ノート

NaN はそれ自身と比較しても等しくなりません。 NaN のコピーはそのビット表現を維持しないかもしれません。

[編集]

NaN を生成するいくつかの方法 (出力の文字列はコンパイラ固有です)。

#include <iostream>
#include <limits>
#include <cmath>
 
int main()
{
    std::cout << std::numeric_limits<double>::quiet_NaN() << ' '
              << std::numeric_limits<double>::signaling_NaN() << ' '
              << std::acos(2) << ' '
              << std::tgamma(-1) << ' '
              << std::log(-1) << ' '
              << std::sqrt(-1) << ' '
              << 0 / 0.0 << '\n';
 
    std::cout << "NaN == NaN? " << std::boolalpha
              << ( std::numeric_limits<double>::quiet_NaN()
                   == std::numeric_limits<double>::quiet_NaN() ) << '\n';
}

出力例:

nan nan nan nan nan -nan -nan
NaN == NaN? false

[編集] 関連項目

特殊な値「quiet NaN」を表現可能な浮動小数点型を識別します
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
指定された浮動小数点型の signaling NaN の値を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
(C++11)(C++11)(C++11)
NaN (非数) を返します
(関数) [edit]
(C++11)
指定された数値が NaN かどうか調べます
(関数) [edit]