名前空間
変種
操作

std::numeric_limits::max_exponent

提供: cppreference.com
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
 
static const int max_exponent;
(C++11以前)
static constexpr int max_exponent;
(C++11およびそれ以降)

std::numeric_limits<T>::max_exponent の値は、 rn-1
が浮動小数点型 T の有効な正規化数であるような、最も大きな正の数 n です。 ただし rstd::numeric_limits<T>::radix です。

[編集] 標準の特殊化

T std::numeric_limits<T>::max_exponent の値
/* 非特殊化 */ 0
bool 0
char 0
signed char 0
unsigned char 0
wchar_t 0
char16_t 0
char32_t 0
short 0
unsigned short 0
int 0
unsigned int 0
long 0
unsigned long 0
long long 0
unsigned long long 0
float FLT_MAX_EXP
double DBL_MAX_EXP
long double LDBL_MAX_EXP

[編集]

float 型の max_exponent、 max_exponent10 および max の関係をデモンストレーションします。

#include <iostream>
#include <limits>
int main()
{
    std::cout << "max() = " << std::numeric_limits<float>::max() << '\n'
              << "max_exponent10 = " << std::numeric_limits<float>::max_exponent10 << '\n'
              << std::hexfloat
              << "max() = " << std::numeric_limits<float>::max() << '\n'
              << "max_exponent = " << std::numeric_limits<float>::max_exponent << '\n';
}

出力:

max() = 3.40282e+38
max_exponent10 = 38
max() = 0x1.fffffep+127
max_exponent = 128

[編集] 関連項目

有効な正規化浮動小数点値を構成する10を底とした最も小さな負の指数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
有効な正規化浮動小数点値を構成する radix を底とした最も小さな負の指数より1大きい数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
有効な有限の浮動小数点値を構成する10を底とした最も大きな指数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]