名前空間
変種
操作

std::is_constructible, std::is_trivially_constructible, std::is_nothrow_constructible

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
is_constructibleis_trivially_constructibleis_nothrow_constructible
(C++11)(C++11)(C++11)
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T, class... Args >
struct is_constructible;
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class T, class... Args >
struct is_trivially_constructible;
(2) (C++11およびそれ以降)
template< class T, class... Args >
struct is_nothrow_constructible;
(3) (C++11およびそれ以降)

1) T がオブジェクトまたは参照型で、変数定義 T obj(std::declval<Args>()...); が well-formed であれば、 true に等しいメンバ定数 value が提供されます。 そうでなければ、 valuefalse です。

この確認の目的に対しては、変数定義は関数宣言と解釈されることはなく、 std::declval の使用が ODR-使用とみなされることもありません。 アクセスチェックTArgs のいずれの型とも無関係の文脈で行われたかのように行われます。 変数定義の直接の文脈の有効性のみが考慮されます。

2) 1) と同じですが、変数定義はトリビアルでないいかなる操作も呼び出しません。 この確認の目的に対しては、 std::declval の呼び出しはトリビアルとみなされます。

3) 1) と同じですが、変数定義は noexcept になります。

T およびパラメータパック Args 内のすべての型 はいずれも完全型 (またはその cv 修飾された型)、 void、またはサイズの不明な配列でなければなりません。 そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T, class... Args >
inline constexpr bool is_constructible_v = is_constructible<T, Args...>::value;
(C++17およびそれ以降)
template< class T, class... Args >
inline constexpr bool is_trivially_constructible_v = is_trivially_constructible<T, Args...>::value;
(C++17およびそれ以降)
template< class T, class... Args >
inline constexpr bool is_nothrow_constructible_v = is_nothrow_constructible<T, Args...>::value;
(C++17およびそれ以降)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[static]
TArgs... から構築可能ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] ノート

多くの処理系では、 is_nothrow_constructible は、実質的に noexcept(T(arg)) であるため、デストラクタが例外を投げるかどうかも確認します。 同じことが is_trivially_constructible にも適用され、これらの処理系では、デストラクタがトリビアルであることも要求されます。 GCC bug 51452LWG issue 2116 も参照してください。

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
 
class Foo {
    int v1;
    double v2;
 public:
    Foo(int n) : v1(n), v2() {}
    Foo(int n, double f) noexcept : v1(n), v2(f) {}
};
 
int main() {
    std::cout << "Foo is ...\n" << std::boolalpha
              << "\tTrivially-constructible from const Foo&? "
              << std::is_trivially_constructible<Foo, const Foo&>::value << '\n'
              << "\tTrivially-constructible from int? "
              << std::is_trivially_constructible<Foo, int>::value << '\n'
              << "\tConstructible from int? "
              << std::is_constructible<Foo, int>::value << '\n'
              << "\tNothrow-constructible from int? "
              << std::is_nothrow_constructible<Foo, int>::value << '\n'
              << "\tNothrow-constructible from int and double? "
              << std::is_nothrow_constructible<Foo, int, double>::value << '\n';
}

出力:

Foo is ...
        Trivially-constructible from const Foo&? true
        Trivially-constructible from int? false
        Constructible from int? true
        Nothrow-constructible from int? false
        Nothrow-constructible from int and double? true

[編集] 関連項目

型がデフォルトコンストラクタを持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
型がコピーコンストラクタを持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
型が右辺値参照から構築できるかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]