名前空間
変種
操作

std::thread::joinable

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
bool joinable() const noexcept;
(C++11およびそれ以降)

スレッドオブジェクトがアクティブな実行のスレッドを表しているかどうか調べます。 具体的には、 get_id() != std::thread::id() であれば true を返します。 そのため、デフォルト構築された thread は join 可能ではありません。

コードの実行を終了したけれどもまだ join されていないスレッドは、まだアクティブな実行のスレッドであるとみなされるため、 join 可能です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

スレッドオブジェクトがアクティブな実行のスレッドを表していれば true、そうでなければ false

[編集]

#include <iostream>
#include <thread>
#include <chrono>
 
void foo()
{
    std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
}
 
int main()
{
    std::thread t;
    std::cout << "before starting, joinable: " << std::boolalpha << t.joinable()
              << '\n';
 
    t = std::thread(foo);
    std::cout << "after starting, joinable: " << t.joinable() 
              << '\n';
 
    t.join();
    std::cout << "after joining, joinable: " << t.joinable() 
              << '\n';
}

出力:

before starting, joinable: false
after starting, joinable: true
after joining, joinable: false

[編集] 関連項目

スレッドの id を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
スレッドの実行終了を待ちます
(パブリックメンバ関数) [edit]
スレッドをスレッドオブジェクトから独立して実行できるようにします
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 参考文献

  • C++11 standard (ISO/IEC 14882:2011):
  • 30.3.1.5 thread members [thread.thread.member]