名前空間
変種
操作

std::promise::promise

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | promise
promise();
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class Alloc >
promise( std::allocator_arg_t, const Alloc& alloc );
(2) (C++11およびそれ以降)
promise( promise&& other );
(3) (C++11およびそれ以降)
promise( const promise& other ) = delete;
(4) (C++11およびそれ以降)

promiseオブジェクトを構築します。

1) デフォルトのコンストラクタです。空の共有状態と紐付いたpromiseを作成します。
2) 空の共有状態と紐付いたpromiseを作成します。共有状態はallocを用いてアロケートされます。 AllocAllocatorの要件を満たさなけれなりません。
3) ムーブコンストラクタです。ムーブセマンティクスを使用してotherの共有状態と紐付いたpromiseを構築します。 その後otherは有効だが未定義の状態になります。
4) promiseはコピーできません。

[編集] パラメータ

alloc - 共有状態をアロケートするためのアロケータ
other - 受け渡される共有状態と紐付いた別のpromise

[編集] 例外指定

1-2) (なし)
3)
noexcept specification:  
noexcept
  (C++11およびそれ以降)
`