名前空間
変種
操作

std::once_flag

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
once_flag
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
ヘッダ <mutex> で定義
class once_flag;
(C++11およびそれ以降)

クラス std::once_flagstd::call_once のためのヘルパー構造体です。

std::call_once の複数回の呼び出しに std::once_flag 型のオブジェクトを渡すことにより、それらの呼び出しがお互いに協調することが可能となり、そのうちの1つだけが実際に完了に向けて実行されます。

std::once_flag はコピー可能でもムーブ可能でもありません。

目次

[編集] メンバ関数

std::once_flag::once_flag

constexpr once_flag() noexcept;

once_flag オブジェクトを構築します。 関数がまだ呼ばれてないことを示すために内部状態が設定されます。

引数

(なし)


[編集] 関連項目

(C++11)
複数のスレッドから呼ばれた場合でも一度だけ関数を呼びます
(関数テンプレート) [edit]