名前空間
変種
操作

std::lock_guard::lock_guard

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | lock guard
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
std::lock_guard
メンバ関数
Original:
Member functions
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
lock_guard::lock_guard
 
explicit lock_guard( mutex_type& m );
(1) (C++11およびそれ以降)
lock_guard( mutex_type& m, std::adopt_lock_t t );
(2) (C++11およびそれ以降)
lock_guard( const lock_guard& ) = delete;
(3) (C++11およびそれ以降)

指定されたミューテックス m の所有権を取得します。

1) 実質的に m.lock() を呼びます。 m が再帰ミューテックスでなく、現在のスレッドが m をすでに所有している場合、動作は未定義です。
2) ミューテックス m の所有権を、ロックを試みることなく、取得します。 現在のスレッドが m を所有していない場合、動作は未定義です。
3) コピーコンストラクタは削除されています。

lock_guard オブジェクトが破棄される前に m が破棄された場合、動作は未定義です。

[編集] 引数

m - 所有権を取得するミューテックス
t - コンストラクタの非ロック版を選択するために使用するタグ引数

[編集] 例外

1) m.lock() によって投げられるあらゆる例外を投げます。

2) 何も投げません。