名前空間
変種
操作

std::future_category

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
future_category
(C++11)
 
ヘッダ <future> で定義
const std::error_category& future_category() noexcept;
(C++11およびそれ以降)

フューチャーとプロミスに関連するエラーのための静的エラーカテゴリオブジェクトへの参照を取得します。 そのオブジェクトは仮想関数 error_category::name() をオーバーライドして文字列 "future" へのポインタを返すことが要求されます。 これは std::future_error 型の例外によって提供されるエラーコードを識別するために使用されます。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

std::error_category から派生した未規定の実行時型の静的オブジェクトへの参照。

[編集]

[編集] 関連項目

フューチャーのエラーコードを識別します
(列挙) [edit]
フューチャーまたはプロミスに関するエラーを報告します
(クラス) [edit]
エラーカテゴリのための基底クラス
(クラス) [edit]