名前空間
変種
操作

std::strncat

提供: cppreference.com
< cpp‎ | string‎ | byte
ヘッダ <cstring> で定義
char *strncat( char *dest, const char *src, std::size_t count );

src の指すバイト文字列を dest の指すバイト文字列に追加します。 最大 count 文字をコピーします。 結果のバイト文字列はヌル終端されます。

コピー先のバイト文字列は destsrc と終端のヌル文字を合わせた内容に対して十分な空間を持っていなければなりません。 ただし src のサイズは count に制限されます。

文字列がオーバーラップする場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

dest - 追加先のヌル終端バイト文字列を指すポインタ
src - コピー元のヌル終端バイト文字列を指すポインタ
count - コピーする最大文字数

[編集] 戻り値

dest

[編集]

#include <cstring>
#include <cstdio>
 
int main() 
{
    char str[50] = "Hello ";
    char str2[50] = "World!";
    std::strcat(str, str2);
    std::strncat(str, " Goodbye World!", 3);
    std::puts(str);
}

出力:

Hello World! Go

[編集] 関連項目

2つの文字列を連結します
(関数) [edit]
文字列を別の文字列にコピーします
(関数) [edit]