名前空間
変種
操作

名前付き要件: MoveAssignable (C++11およびそれ以降)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | named req
 
 
名前付き要件
 

その型のインスタンスが右辺値引数から代入可能であることを指定します。

[編集] 要件

以下の内容を満たす場合、型 TMoveAssignable を満たします。

が与えられたとき、以下の式が有効でなければならず、指定された効果を持たなければなりません。

戻り値の型 戻り値 事後条件
t = rv T& t trv が同じオブジェクトを参照しない場合 、 t の値は代入前の rv の値と同等である。

rv の新しい値は未規定である。

[編集] ノート

型がこの型要件を満たすためにムーブ代入演算子を実装する必要はありません。 値によってまたは const Type& として引数を取るコピー代入演算子は右辺値引数を束縛します。

MoveAssignable なクラスがムーブ代入演算子を実装する場合は、代入後の rv の値が未規定であることを活かすためにムーブセマンティクスを実装することもできます。

[編集] 関連項目

型がムーブ代入演算子を持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]