名前空間
変種
操作

std::bad_array_new_length

提供: cppreference.com
< cpp‎ | memory‎ | new
 
 
 
動的メモリ管理
未初期化記憶域
(C++17)
ガベージコレクションサポート
その他
(C++20)
(C++11)
(C++11)
C のライブラリ
低水準のメモリ管理
 
 
std::bad_array_new_length
メンバ関数
Original:
Member functions
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
std::exception から継承
 
ヘッダ <new> で定義
class bad_array_new_length;
(C++11およびそれ以降)

std::bad_array_new_length は以下の場合に無効な配列の長さを報告するため new 式によって例外として投げられるオブジェクトの型です。

1) 配列の長さが負

2) 配列の合計サイズが処理系定義の最大値を超過した

3) 初期化子節の数が初期化する要素の数を超過した

最初の配列次元のみがこの例外を生成し得ます。 最初以外の次元は定数式であり、コンパイル時にチェックされます。

cpp/error/exceptioncpp/memory/new/bad allocstd-bad array new length-inheritance.svg
画像の詳細

継承図

目次

[編集] メンバ関数

bad_array_new_length オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数)

std::bad_alloc から継承

std::exception から継承

メンバ関数

例外オブジェクトを破棄します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
説明文字列を返します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] ノート

仮想メンバ関数 what() に対するオーバーライドが提供されるかもしれませんが、要求はされていません。

[編集]

std::bad_array_new_length が投げられるべき3つの状況

#include <iostream>
#include <new>
#include <climits>
 
int main()
{
    int negative = -1;
    int small = 1;
    int large = INT_MAX;
    try {
        new int[negative];           // negative size
        new int[small]{1,2,3};       // too many initializers
        new int[large][1000000];     // too large
    } catch(const std::bad_array_new_length &e) {
        std::cout << e.what() << '\n';
    }
}


[編集] 関連項目

確保関数
(関数) [edit]
メモリ確保が失敗したときに投げられる例外
(クラス) [edit]