名前空間
変種
操作

関数テンプレート

提供: cppreference.com
< cpp‎ | language

 
 
C++言語
一般的なトピック
フロー制御
条件付き実行文
繰り返し文 (ループ)
ジャンプ文
関数
関数宣言
ラムダ関数宣言
inline 指定子
例外指定 (廃止予定)
noexcept 指定子 (C++11)
例外
名前空間
指定子
decltype (C++11)
auto (C++11)
alignas (C++11)
記憶域期間指定子
初期化
代替表現
リテラル
ブーリアン - 整数 - 浮動小数点
文字 - 文字列 - nullptr (C++11)
ユーザ定義 (C++11)
ユーティリティ
属性 (C++11)
typedef 宣言
型エイリアス宣言 (C++11)
キャスト
暗黙の変換 - 明示的な変換
static_cast - dynamic_cast
const_cast - reinterpret_cast
メモリ確保
クラス
クラス固有の関数特性
特別なメンバ関数
テンプレート
クラステンプレート
関数テンプレート
その他
 

目次

[編集] 説明

テンプレートには、それを複数回書き換えを必要とせず、様々なタイプの仕事という汎用関数の設計を可能にします
Original:
Templates allow generic function design that work on various types, without the need of rewriting it multiple times
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

[編集] 構文

[編集] 宣言

template < template_arguments > function_declaration (1)
export template < template_arguments > function_declaration (2) (C++11以前)
  1. テンプレート関数の宣言[1]
  2. エクスポートされたテンプレート関数の宣言。関数の実体を別のファイルで定義することができる。[2]

[編集] 引数

class identifier (1)
typename identifier (2)
integral_type identifier (3)
class identifier = type_name (4) (C++11およびそれ以降)
typename identifier = type_name (5) (C++11およびそれ以降)
integral_type identifier = const_expr (6) (C++11およびそれ以降)
1-2)
関数の内部でidentifierは、型として使用することができます
Original:
Inside the function identifier can be used as a type
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
3)
関数の内部でidentifierは定数として使用することができます
Original:
Inside the function identifier can be used as a constant
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
4-6)
デフォルト引数
Original:
Default arguments
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

[編集] 特殊化

template <> ret function_name < template_args > ( func_args ) body

特殊化は特定のテンプレート引数に対しテンプレート関数の実装を変更します

[編集] 呼び出し

function_name < template_args > ( func_args ) (1)
function_name ( unambiguous_func_args ) (2)
  1. 明示的なテンプレート引数。func_args がテンプレート宣言の型 (template_args) に完全に一致しない場合、通常のキャストが行われます
  2. 暗黙的なテンプレート引数。関数の引数から推論されます。
    曖昧さが存在することができません
    Original:
    No ambiguity can be present
    The text has been machine-translated via Google Translate.
    You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

[編集]

template<typename T>
struct S {
    template<typename U> void foo(){}
};
 
template<typename T>
void bar()
{
    S<T>s;
    s.foo<T>(); // error: < parsed as less than operator
    s.template foo<T>(); // OK
}


[編集] 参照

[編集] ノート

  1. テンプレート関数の呼び出し時に関数の実体が見えなければならない
  2. これは非常にまれにコンパイラに実装されておらず、使うべきではありません
    Original:
    This is very rarely implemented on compilers and should not be used
    The text has been machine-translated via Google Translate.
    You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.
Original:
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.