名前空間
変種
操作

std::ostream_iterator::operator=

提供: cppreference.com
 
 
 
 
ostream_iterator& operator=( const T& value );

紐付けられたストリームに value を挿入し、その後、構築時に指定された場合は、区切り文字を挿入します。

out_stream を紐付けられた std::basic_ostream へのポインタ、 delim をこのオブジェクトの構築時に指定された区切り文字とした場合、この関数の効果は以下と同等です。

*out_stream << value;
if(delim != 0)
    *out_stream << delim;
return *this;

目次

[編集] 引数

value - 挿入するオブジェクト

[編集] 戻り値

*this

[編集] ノート

T にはユーザ定義の operator<< を持つ任意のクラスを使用できます。

[編集]

#include <iostream>
#include <iterator>
 
int main()
{
    std::ostream_iterator<int> i1(std::cout, ", ");
    *i1++ = 1; // usual form, used by standard algorithms
    *++i1 = 2;
    i1 = 3; // neither * nor ++ are necessary
    std::ostream_iterator<double> i2(std::cout);
    i2 = 3.14;
}

出力:

1, 2, 3, 3.14