名前空間
変種
操作

std::next

提供: cppreference.com
< cpp‎ | iterator
ヘッダ <iterator> で定義
template< class ForwardIt >

ForwardIt next(
  ForwardIt it,

  typename std::iterator_traits<ForwardIt>::difference_type n = 1 );
(C++11およびそれ以降)
(C++17以前)
template< class InputIt >

constexpr InputIt next(
  InputIt it,

  typename std::iterator_traits<InputIt>::difference_type n = 1 );
(C++17およびそれ以降)

イテレータ it を要素 n 個分インクリメントしたイテレータを返します。

目次

[編集] 引数

it - イテレータ
n - 進める要素数
型の要件
-
ForwardItForwardIterator の要件を満たさなければなりません。
-
InputItInputIterator の要件を満たさなければなりません。

[編集] 戻り値

イテレータ it を要素 n 個分インクリメントしたイテレータ。

[編集] 実装例

template<class ForwardIt>
ForwardIt next(ForwardIt it,
               typename std::iterator_traits<ForwardIt>::difference_type n = 1)
{
    std::advance(it, n);
    return it;
}

[編集] ノート

++c.begin() はわりとコンパイルできますが、保証されてはいません。 c.begin() は右辺値の式であり、 BidirectionalIterator の要件は右辺値のインクリメントが動作することを保証するとは規定していません。 特に、イテレータがポインタとして実装されている場合、 ++c.begin() はコンパイルできませんが、 std::next(c.begin()) はできます。

[編集]

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <vector>
 
int main() 
{
    std::vector<int> v{ 3, 1, 4 };
 
    auto it = v.begin();
 
    auto nx = std::next(it, 2);
 
    std::cout << *it << ' ' << *nx << '\n';
}

出力:

3 4

[編集] 関連項目

(C++11)
イテレータをデクリメントします
(関数) [edit]
イテレータを指定された距離だけ前進させます
(関数) [edit]