名前空間
変種
操作

std::setbase

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | manip
 
 
 
入出力マニピュレータ
浮動小数点フォーマット
整数フォーマット
ブーリアンフォーマット
フィールド幅とフィル制御
その他のフォーマット
ホワイトスペース処理
出力のフラッシュ
ステータスフラグ操作
時間と通貨の入出力
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
引用符マニピュレータ
(C++14)
 
ヘッダ <iomanip> で定義
/*unspecified*/ setbase( int base );

ストリームの基数を設定します。 式 out << setbase(base) または in >> setbase(base) で使用されたとき、ストリーム out または inbasefield フラグを base の値に応じて変更します。

8, 10, 16 以外の base の値は basefield をゼロにリセットします。 これは10進数の出力および接頭辞依存の入力に対応します。

目次

[編集] 引数

base - basefield の新しい値

[編集] 戻り値

strstd::basic_ostream<CharT, Traits> または std::basic_istream<CharT, Traits> 型の出力ストリームの名前である場合に式 str << setbase(base) または str >> setbase(base) が以下のコードが実行されたかのように動作するような、未規定な型のオブジェクトを返します。

[編集]

#include <iostream>
#include <sstream>
#include <iomanip>
int main()
{
    std::cout << "Parsing string \"10 0x10 010\"\n";
 
    int n1, n2, n3;
    std::istringstream s("10 0x10 010");
    s >> std::setbase(16) >> n1 >> n2 >> n3;
    std::cout << "hexadecimal parse: " << n1 << ' ' << n2 << ' ' << n3 << '\n';
 
    s.clear();
    s.seekg(0);
    s >> std::setbase(0) >> n1 >> n2 >> n3;
    std::cout << "prefix-dependent parse: " << n1 << ' ' << n2 << ' ' << n3 << '\n';
 
    std::cout << "hex output: " << std::setbase(16)
              << std::showbase << n1 << ' ' << n2 << ' ' << n3 << '\n';
}

出力:

Parsing string "10 0x10 010"
hexadecimal parse: 16 16 16
prefix-dependent parse: 10 16 8
hex output: 0xa 0x10 0x8

[編集] 関連項目

整数の入出力に使用される基数を変更します
(関数) [edit]
数値の基数を表すために接頭辞を使用するかどうか制御します
(関数) [edit]