名前空間
変種
操作

std::get_money

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | manip
 
 
 
入出力マニピュレータ
浮動小数点フォーマット
整数フォーマット
ブーリアンフォーマット
フィールド幅とフィル制御
その他のフォーマット
ホワイトスペース処理
出力のフラッシュ
ステータスフラグ操作
時間と通貨の入出力
get_money
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
引用符マニピュレータ
(C++14)
 
ヘッダ <iomanip> で定義
template< class MoneyT >
/*unspecified*/ get_money( MoneyT& mon, bool intl = false );
(C++11およびそれ以降)

in >> get_money(mon, intl) で使用されたとき、 in に現在設定されているロケールの std::money_get ファセットによって指定される金額値として文字入力を解析し、その値を mon に格納します。

in >> get_money(mon, intl) の抽出操作は FormattedInputFunction として動作します。

目次

[編集] 引数

mon - 金額値が書き込まれる変数。 long double または basic_string を指定できます
intl - true の場合は必須の国際通貨文字列が見つかることを期待し、そうでなければオプショナルな通貨記号を期待します

[編集] 戻り値

instd::basic_istream<CharT, Traits> 型の入力ストリームの名前である場合に式 in >> get_money(mon, intl) が以下のコードが実行されたかのように動作するような、未規定な型のオブジェクトを返します。

typedef std::istreambuf_iterator<CharT, Traits> Iter;
typedef std::money_get<CharT, Iter> MoneyGet;
std::ios_base::iostate err = std::ios_base::goodbit;
const MoneyGet &mg = std::use_facet<MoneyGet>(in.getloc());
mg.get(Iter(in.rdbuf()), Iter(), intl, in, err, mon);
if (std::ios_base::goodbit != err)
    out.setstate(err);

[編集]

#include <iostream>
#include <sstream>
#include <locale>
#include <iomanip>
 
int main()
{
    std::istringstream in("$1,234.56 2.22 USD  3.33");
    long double v1, v2;
    std::string v3;
    in.imbue(std::locale("en_US.UTF-8"));
    in >> std::get_money(v1) >> std::get_money(v2) >> std::get_money(v3, true);
    if (in) {
        std::cout << std::quoted(in.str()) << " parsed as: "
                  << v1 << ", " << v2 << ", " << v3 << '\n';
    } else {
        std::cout << "Parse failed";
    }
}

出力:

"$1,234.56 2.22 USD  3.33" parsed as: 123456, 222, 333

[編集] 関連項目

入力文字シーケンスから金額の値をパースおよび構築します
(クラステンプレート) [edit]
(C++11)
金額をフォーマットして出力します
(関数テンプレート) [edit]