名前空間
変種
操作

std::ios_base::iword

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | ios base
 
 
 
 
long& iword( int index );

まず、index を有効なインデックスとするのに十分なようにプライベートな記憶域 (long の動的配列またはインデックス可能な別のデータ構造) を確保またはサイズ変更し、その後そのプライベートな記憶域のインデックス indexlong 要素への参照を返します。

この参照はこの ios_base オブジェクトのあらゆる操作 (iword() の別の呼び出しも含みます) によって無効化される可能性がありますが、格納された値は保持されるため、後に同じインデックスを使用して iword(index) から読み込むと同じ値を生成します (std::basic_ios::copyfmt() の次の呼び出しまでは)。 この値は任意の用途に使用できます。 要素のインデックスは xalloc() によって取得しなければなりません。 さもなければこの ios_base の他の使用者との衝突が発生するかもしれません。 新しい要素は 0 に初期化されます。

確保が失敗した場合は、 std::basic_ios<>::setstate(badbit) を呼びます。 これは std::ios_base::failure を投げる場合があります。

目次

[編集] ノート

iword の記憶域の一般的な用途はユーザ定義の入出力マニピュレータからユーザ定義の operator<<operator>> または標準のストリームに設定されたユーザ定義の書式化ファセットに情報 (カスタム書式フラグなど) を渡すことです。

[編集] 引数

index - 要素のインデックス値

[編集] 戻り値

要素への参照。

[編集] 例外

badbit がセットされたときに std::ios_base::failure を投げるかもしれません。

[編集]

#include <iostream>
#include <string>
 
struct Foo {
    static int foo_xalloc;
    std::string data; 
    Foo(const std::string& s) : data(s) {}
};
 
// allocates the iword storage for use with Foo objects
int Foo::foo_xalloc = std::ios_base::xalloc();
 
// This user-defined operator<< prints the string in reverse if the iword holds 1
std::ostream& operator<<(std::ostream& os, Foo& f)
{
    if(os.iword(Foo::foo_xalloc) == 1)
        return os << std::string(f.data.rbegin(), f.data.rend());
    else
        return os << f.data;
}
 
// This I/O manipulator flips the number stored in iword between 0 and 1
std::ios_base& rev(std::ios_base& os)
{
    os.iword(Foo::foo_xalloc) = !os.iword(Foo::foo_xalloc);
    return os;
}
 
int main()
{
    Foo f("example");
    std::cout << f << '\n' << rev << f << '\n' << rev << f << '\n';
}

出力:

example
elpmaxe
example

[編集] 関連項目

必要であればプライベートな記憶域をリサイズし、指定されたインデックスの void* 要素にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
[static]
pword() および iword() へのインデックスとして使用するのに安全な、プログラム全体で一意な整数を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]