名前空間
変種
操作

std::fputs

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | c
 
 
 
 
ヘッダ <cstdio> で定義
int fputs( const char* str, std::FILE* stream );

std::fputc を繰り返し実行したかのように、ヌル終端文字列のすべての文字を出力ストリーム stream に書き込みます。

str の終端のヌル文字は書き込まれません。

目次

[編集] 引数

str - 書き込まれるヌル終端文字列
stream - 出力ストリーム

[編集] 戻り値

成功した場合は、非負の値を返します。

失敗した場合は、 EOF を返し、 streamエラー指示子 (std::ferror を参照) をセットします。

[編集] ノート

類似の関数 std::puts は出力に改行文字を追加しますが、 std::fputs は文字列を変更せずに書き込みます。

様々な処理系が様々な非負の値を返します。 処理系によっては最後に書き込まれた文字を返し、処理系によっては書き込まれた文字数 (または文字列が INT_MAX より長い場合は INT_MAX) を返し、処理系によっては単純にゼロなどの非負の定数を返します。

[編集]

#include <cstdio>
 
int main(void)
{
    int rc = std::fputs("Hello World", stdout);
 
    if (rc == EOF)
       std::perror("fputs()"); // POSIX requires that errno is set
}

出力:

Hello World

[編集] 関連項目

stdout、ファイルストリームまたはバッファに書式付き出力を行います
(関数) [edit]
stdout に文字列を書き込みます
(関数) [edit]
ファイルストリームにワイド文字列を書き込みます
(関数) [edit]
ファイルストリームから文字列を取得します
(関数) [edit]