名前空間
変種
操作

std::basic_istringstream::str

提供: cppreference.com
std::basic_string<CharT,Traits,Allocator> str() const;
(1)
void str(const std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>& new_str);
(2)

ベースとなる文字列オブジェクトの内容を管理します。

1) rdbuf()->str() を呼んだかのようにベースとなる文字列のコピーを返します。

2) rdbuf()->str(new_str) を呼んだかのようにベースとなる文字列の内容を置き換えます。

目次

[編集] 引数

new_str - ベースとなる文字列の新しい内容

[編集] 戻り値

1) ベースとなる文字列オブジェクトのコピー。

2) (なし)

[編集] ノート

str によって返されるベースとなる文字列のコピーは式の終わりで破棄される一時オブジェクトです。 そのため、 str() の結果に対して直接 c_str() を呼ぶと (例えば auto *ptr = out.str().c_str();)、 ダングリングポインタになります。

[編集]

#include <sstream>
#include <iostream>
int main()
{
    int n;
 
    std::istringstream in;  // could also use in("1 2")
    in.str("1 2");
    in >> n;
    std::cout << "after reading the first int from \"1 2\", the int is "
              << n << ", str() = \"" << in.str() << "\"\n";
 
    std::ostringstream out("1 2");
    out << 3;
    std::cout << "after writing the int '3' to output stream \"1 2\""
              << ", str() = \"" << out.str() << "\"\n";
 
    std::ostringstream ate("1 2", std::ios_base::ate);
    ate << 3;
    std::cout << "after writing the int '3' to append stream \"1 2\""
              << ", str() = \"" << ate.str() << "\"\n";
}

出力:

after reading the first int from "1 2", the int is 1, str() = "1 2"
after writing the int '3' to output stream "1 2", str() = "3 2"
after writing the int '3' to append stream "1 2", str() = "1 23"

[編集] 関連項目

紐付けられている文字列を置き換えまたはコピーを取得します
(std::basic_stringbufのパブリックメンバ関数) [edit]