名前空間
変種
操作

std::basic_ios::imbue

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic ios
 
 
 
 
std::locale imbue( const std::locale& loc );

現在のロケールを置き換えます。 実質的に ios_base::imbue(loc) を呼び、紐付けられているストリームバッファがある (rdbuf() != 0) 場合は、その後 rdbuf()->pubimbue(loc) を呼びます。

目次

[編集] 引数

loc - 新しいロケール

[編集] 戻り値

ios_base::imbue(loc) で返される通りの、以前のロケール。

[編集] 例外

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <sstream>
#include <locale>
 
int main()
{
    std::istringstream iss;
    iss.imbue(std::locale("en_US.UTF8"));
 
    std::cout << "Current locale: " << iss.getloc().name() << '\n';
 
    iss.imbue(std::locale());
    std::cout << "Global locale : " << iss.getloc().name() << '\n';
}

出力:

Current locale: en_US.UTF8
Global locale : C