名前空間
変種
操作

std::basic_ios::fill

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic ios
 
 
 
 
CharT fill() const;
(1)
CharT fill( CharT ch );
(2)

指定されたフィールド幅に出力変換をパディングするために使用されるフィル文字を管理します。

1) 現在のフィル文字を返します。
2) フィル文字を ch に設定し、フィル文字の以前の値を返します。

目次

[編集] 引数

ch - フィル文字として使用する文字

[編集] 戻り値

関数を呼ぶ前のフィル文字。

[編集]

#include <iostream>
#include <iomanip>
 
int main ()
{
  std::cout << "With default setting : " << std::setw(10) << 40 << '\n';
  char prev = std::cout.fill('x');
  std::cout << "Replaced '" << prev << "' with '"
            << std::cout.fill() << "': " << std::setw(10) << 40 << '\n';
}

出力:

With default setting :         40
Replaced ' ' with 'x': xxxxxxxx40

[編集] 関連項目

フィル文字を変更します
(関数テンプレート) [edit]