名前空間
変種
操作

std::basic_filebuf::imbue

提供: cppreference.com
< cpp‎ | io‎ | basic filebuf
 
 
 
 
protected:
virtual void imbue( const std::locale& loc )

この呼び出しの後に挿入または抽出されるすべての文字が locstd::codecvt ファセットを使用して変更されるように、紐付けられているロケールを変更します。

古いロケールのエンコーディングが状態依存であり、ファイルが先頭に位置していない場合、新しいロケールは以前設定されていたロケールと同じ std::codecvt ファセットを持たなければなりません。

目次

[編集] 引数

loc - ストリームに設定するロケール

[編集] 戻り値

(なし)

[編集]

[編集] 関連項目

[仮想]
紐付けられているロケールを変更します
(std::basic_streambufの仮想プロテクテッドメンバ関数) [edit]
ロケールを設定します
(std::basic_iosのパブリックメンバ関数) [edit]