名前空間
変種
操作

std::unordered_multimap::rehash

提供: cppreference.com
 
 
 
 
void rehash( size_type count );
(C++11およびそれ以降)

バケット数を count に設定し、コンテナを再ハッシュします。 つまり、バケット数が変更されたことを考慮して、要素を適切なバケットに配置し直します。 新しいバケット数が最大負荷係数より大きな負荷係数を生じる場合 (count < size() / max_load_factor())、新しいバケット数は少なくとも size() / max_load_factor() になります。

目次

[編集] 引数

count - 新しいバケット数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 計算量

平均的なケースではコンテナのサイズに比例、ワーストケースでは二乗。

[編集] ノート

一時的に max_load_factor() を増加させることによる自動再ハッシュの抑制後などで、無条件に再ハッシュを強制するために rehash(0) を使用できます。

[編集] 関連項目

少なくとも指定された数の要素のための空間を予約します。 これによりハッシュテーブルが再生成されます。
(パブリックメンバ関数) [edit]