名前空間
変種
操作

std::stack::top

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | stack
reference top();
const_reference top() const;

スタックのトップの要素を指す参照を返します。 これは最も最近にプッシュされた要素です。 この要素は pop() を呼ぶと削除されます。 実質的に c.back() を呼びます。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

最後の要素を指す参照。

[編集] 計算量

一定。

[編集]

#include <stack>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::stack<int>   s;
 
    s.push( 2 );
    s.push( 6 );
    s.push( 51 );
 
    std::cout << s.size() << " elements on stack\n";
    std::cout << "Top element: "
	      << s.top()         // Leaves element on stack
	      << "\n";
    std::cout << s.size() << " elements on stack\n";
    s.pop();
    std::cout << s.size() << " elements on stack\n";
    std::cout << "Top element: " << s.top() << "\n";
 
    return 0;
}

出力:

3 elements on stack
Top element: 51
3 elements on stack
2 elements on stack
Top element: 6

[編集] 関連項目

要素をトップに挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
トップの要素を削除します
(パブリックメンバ関数) [edit]