名前空間
変種
操作

std::deque::erase

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | deque
(1)
iterator erase( iterator pos );
(C++11以前)
iterator erase( const_iterator pos );
(C++11およびそれ以降)
(2)
iterator erase( iterator first, iterator last );
(C++11以前)
iterator erase( const_iterator first, const_iterator last );
(C++11およびそれ以降)

コンテナから指定された要素を削除します。

1) pos の指す要素を削除します。
2) 範囲 [first; last) 内の要素を削除します。

削除された要素がコンテナの終端または先頭の場合は、削除された要素を指すイテレータおよび参照のみが無効化されます。 そうでなければ、すべてのイテレータおよび参照が無効化されます。

終端イテレータが無効化されるかどうかは未規定です。 (C++11以前)
削除された要素がコンテナの先頭かつ最後の要素が削除されないのでなければ、終端イテレータも無効化されます。 (C++11およびそれ以降)

イテレータ pos は有効かつ逆参照可能でなければなりません。 そのため end() イテレータは (有効であるが逆参照可能でないため) pos の値として使用することはできません。

first==last の場合、イテレータ first は逆参照可能である必要はありません。 空範囲の削除は何もしません。

目次

[編集] 引数

pos - 削除する要素を指すイテレータ
first, last - 削除する要素の範囲
型の要件
-
TMoveAssignable の要件を満たさなければなりません。

[編集] 戻り値

削除された最後の要素の次のイテレータ。 イテレータ pos が最後の要素を指す場合は end() が返されます。

[編集] 例外

T の代入演算子が例外を投げない限り、例外を投げません。

[編集] 計算量

比例。 T のデストラクタの呼び出し回数は、削除される要素の数と同じです。 T の代入演算子の呼び出し回数は、削除された要素より前の要素の数と削除された要素より後の要素の数の小さい方より多くはありません。

[編集]

#include <deque>
#include <iostream>
 
 
int main( )
{
    std::deque<int> c{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    for (auto &i : c) {
        std::cout << i << " ";
    }
    std::cout << '\n';
 
    c.erase(c.begin());
 
    for (auto &i : c) {
        std::cout << i << " ";
    }
    std::cout << '\n';
 
    c.erase(c.begin()+2, c.begin()+5);
 
    for (auto &i : c) {
        std::cout << i << " ";
    }
    std::cout << '\n';
 
    // Erase all even numbers (C++11 and later)
    for (auto it = c.begin(); it != c.end(); ) {
        if (*it % 2 == 0) {
            it = c.erase(it);
        } else {
            ++it;
        }
    }
 
    for (auto &i : c) {
        std::cout << i << " ";
    }
    std::cout << '\n';
}

出力:

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 2 6 7 8 9
1 7 9

[編集] 関連項目

すべての要素を削除します
(パブリックメンバ関数) [edit]