名前空間
変種
操作

std::deque::emplace_front

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | deque
template< class... Args >
void emplace_front( Args&&... args );
(C++11およびそれ以降)
(C++17以前)
template< class... Args >
reference emplace_front( Args&&... args );
(C++17およびそれ以降)

新しい要素をコンテナの先頭に挿入します。 要素は std::allocator_traits::construct を通して構築されます。 これは一般的にはコンテナによって提供された位置に要素をその場で構築するために placement new を使用します。 引数 args... はコンストラクタに std::forward<Args>(args)... として転送されます。

すべてイテレータ (終端イテレータも含む) が無効化されます。 参照は無効化されません。

目次

[編集] 引数

args - 要素のコンストラクタに転送される引数
型の要件
-
T (コンテナの要素型)EmplaceConstructible の要件を満たさなければなりません。

[編集] 戻り値

(なし) (C++17以前)
挿入された要素を指す参照。 (C++17およびそれ以降)

[編集] 計算量

一定。

[編集] 例外

例外が投げられた場合、この関数は効果を持ちません (強い例外保証)。

[編集] 関連項目

要素を先頭に挿入します
(パブリックメンバ関数) [edit]