名前空間
変種
操作

std::chrono::system_clock::from_time_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | system clock
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::system_clock
メンバ関数
system_clock::from_time_t
time_point の入出力
 
static std::chrono::system_clock::time_point from_time_t( std::time_t t ) noexcept;
(C++11およびそれ以降)

ttime_point 型に変換します。 2つの型の粗い方の精度が使用されます。

time_point の方が精度が低い場合、値が丸められるか切り捨てられるかは処理系定義です。

[編集] 引数

t - 変換する std::time_t の値

[編集] 戻り値

t を表す std::chrono::system_clock::time_point 型の値。

[編集] 関連項目

[static]
system_clock の time point を std::time_t に変換します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]