名前空間
変種
操作

std::chrono::duration::operator++, std::chrono::duration::operator--

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | duration
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
(1)
duration& operator++();
(C++17以前)
constexpr duration& operator++();
(C++17およびそれ以降)
(2)
duration operator++(int);
(C++17以前)
constexpr duration operator++(int);
(C++17およびそれ以降)
(3)
duration& operator--();
(C++17以前)
constexpr duration& operator--();
(C++17およびそれ以降)
(4)
duration operator--(int);
(C++17以前)
constexpr duration operator--(int);
(C++17およびそれ以降)

この duration に対して刻み数をインクリメントまたはデクリメントします。

rep_ が duration オブジェクトの刻み数を保持するメンバ関数だとした場合、

1) ++rep_; return *this; と同等です。
2) return duration(rep_++) と同等です。
3) --rep_; return *this; と同等です。
4) return duration(rep_--); と同等です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

1,3) 変更後のこの duration を指す参照。
2,4) 変更前の duration のコピー。

[編集]

#include <chrono>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::chrono::hours h(1);
    std::chrono::minutes m = ++h;
    m--;
    std::cout << m.count() << " minutes\n";
}

出力:

119 minutes

[編集] 関連項目

2つの時間の間の複合代入を実装します
(パブリックメンバ関数) [edit]
引数として時間を取る算術演算を実装します
(関数テンプレート) [edit]