名前空間
変種
操作

std::chrono::duration::operator+(unary), std::chrono::duration::operator-(unary)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | duration
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
(1)
constexpr duration operator+() const;
(C++17以前)
constexpr std::common_type_t<duration> operator+() const;
(C++17およびそれ以降)
(2)
constexpr duration operator-() const;
(C++17以前)
constexpr std::common_type_t<duration> operator-() const;
(C++17およびそれ以降)

duration に対する単項プラスおよび単項マイナスを実装します。

rep_ が duration オブジェクトの刻み数を保持するメンバ変数で、 D が戻り値の型だとした場合、

1) return D(*this); と同等です。
2) return D(-rep_); と同等です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

1) この duration オブジェクトのコピー
2) この duration オブジェクトの、刻み数の符号を反転したコピー

[編集]

#include <chrono>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::chrono::seconds s1(10);
    std::chrono::seconds s2 = -s1;
 
    std::cout << "negated 10 seconds are " << s2.count() << " seconds\n";
}

出力:

negated 10 seconds are -10 seconds

[編集] 関連項目

刻み数をインクリメントまたはデクリメントします
(パブリックメンバ関数) [edit]
引数として時間を取る算術演算を実装します
(関数テンプレート) [edit]