名前空間
変種
操作

std::is_permutation

提供: cppreference.com
< cpp‎ | algorithm
 
 
アルゴリズムライブラリ
実行ポリシー (C++17)
非変更シーケンス操作
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++17)
変更シーケンス操作
未初期化記憶域の操作
分割操作
ソート操作
(C++11)
二分探索操作
集合操作 (ソート済み範囲用)
ヒープ操作
(C++11)
最小/最大演算
(C++11)
(C++17)
順列
is_permutation
(C++11)
数値演算
C のライブラリ
 
ヘッダ <algorithm> で定義
(1)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                     ForwardIt2 first2 );
(C++11およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

constexpr bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                               ForwardIt2 first2 );
(C++20およびそれ以降)
(2)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                     ForwardIt2 first2, BinaryPredicate p );
(C++11およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

constexpr bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                               ForwardIt2 first2, BinaryPredicate p );
(C++20およびそれ以降)
(3)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                     ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2 );
(C++14およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

constexpr bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

                               ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2 );
(C++20およびそれ以降)
(4)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,
                     ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2,

                     BinaryPredicate p );
(C++14およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

constexpr bool is_permutation( ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,
                               ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2,

                               BinaryPredicate p );
(C++20およびそれ以降)

範囲 [first2,last2) と等しい範囲を作る範囲 [first1, last1) 内の要素の順列が存在するならば true を返します。 last2 が指定されない場合は first2 + (last1 - first1) になります。

1,3) 要素は operator== を用いて比較されます。 比較が同値関係を持たない場合、動作は未定義です。
2,4) 要素は指定された二項述語 p を用いて比較されます。 比較が同値関係を持たない場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

first1, last1 - 比較する要素の範囲
first2, last2 - 2つめの比較する範囲
p - 要素が等しいとみなされるべき場合に true を返す二項述語。

述語関数のシグネチャは以下と同等であるべきです。

 bool pred(const Type &a, const Type &b);

TypeForwardIt1ForwardIt2 の両方の値型であるべきです。 シグネチャが const & を持つ必要はありませんが、関数は渡されたオブジェクトを変更してはなりません。 ​

型の要件
-
ForwardIt1, ForwardIt2ForwardIterator の要件を満たさなければなりません。
-
ForwardIt1, ForwardIt2 は同じ値型を持たなければなりません。

[編集] 戻り値

範囲 [first1, last1) が範囲 [first2, last2) の順列であれば true

[編集] 計算量

多くとも O(N2) 回の述語の適用、またはシーケンスがすでに等しい場合はちょうど N 回。 ただし N=std::distance(first1, last1) です。

しかし、 ForwardIt1 および ForwardIt2RandomAccessIterator の要件を満たし、 std::distance(first1, last1) != std::distance(first2, last2) である場合、述語の適用は行われません。

[編集] 実装例

template<class ForwardIt1, class ForwardIt2>
bool is_permutation(ForwardIt1 first, ForwardIt1 last,
                    ForwardIt2 d_first)
{
   // skip common prefix
   std::tie(first, d_first) = std::mismatch(first, last, d_first);
   // iterate over the rest, counting how many times each element
   // from [first, last) appears in [d_first, d_last)
   if (first != last) {
       ForwardIt2 d_last = d_first;
       std::advance(d_last, std::distance(first, last));
       for (ForwardIt1 i = first; i != last; ++i) {
            if (i != std::find(first, i, *i)) continue; // already counted this *i
 
            auto m = std::count(d_first, d_last, *i);
            if (m==0 || std::count(i, last, *i) != m) {
                return false;
            }
        }
    }
    return true;
}

[編集]

#include <algorithm>
#include <vector>
#include <iostream>
int main()
{
    std::vector<int> v1{1,2,3,4,5};
    std::vector<int> v2{3,5,4,1,2};
    std::cout << "3,5,4,1,2 is a permutation of 1,2,3,4,5? "
              << std::boolalpha
              << std::is_permutation(v1.begin(), v1.end(), v2.begin()) << '\n';
 
    std::vector<int> v3{3,5,4,1,1};
    std::cout << "3,5,4,1,1 is a permutation of 1,2,3,4,5? "
              << std::boolalpha
              << std::is_permutation(v1.begin(), v1.end(), v3.begin()) << '\n';
}

出力:

3,5,4,1,2 is a permutation of 1,2,3,4,5? true
3,5,4,1,1 is a permutation of 1,2,3,4,5? false

[編集] 関連項目

指定範囲の要素より辞書的に大きな次の順列を生成します
(関数テンプレート) [edit]
指定範囲の要素より辞書的に小さな次の順列を生成します
(関数テンプレート) [edit]