名前空間
変種
操作

tss_get

提供: cppreference.com
< c‎ | thread
ヘッダ <threads.h> で定義
void *tss_get( tss_t tss_key );
(C11およびそれ以降)

現在のスレッドに対する tss_key の表すスレッドローカルストレージが保持する値を返します。 スレッドが異なると同じキーに対して異なる値を返すかもしれません。

スレッド開始時 (thrd_create を参照)、すべての TSS のキーに紐付けられた値は NULL です。 tss_set でスレッドローカルストレージに別の値を格納できます。

目次

[編集] 引数

tss_key - tss_create によって取得され、 tss_delete によって削除されていない、スレッドローカルストレージのキー

[編集] 戻り値

成功した場合はその値、失敗した場合は NULL

[編集] ノート

この関数と同等な POSIX の関数は pthread_getspecific です。

[編集]

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.26.6.3 The tss_get function (p: 386)

[編集] 関連項目

スレッドローカルストレージに書き込みます
(関数) [edit]