名前空間
変種
操作

kill_dependency

提供: cppreference.com
< c‎ | atomic
ヘッダ <stdatomic.h> で定義
A kill_dependency(A y);
(C11およびそれ以降)

memory_order_consume なアトミックロード操作によって開始された依存ツリーが kill_dependency の戻り値を超えて伸びない、つまり、引数が戻り値に依存性を伝播しないことを、コンパイラに伝えます。

この関数はマクロとして実装されます。 Ay の型です。

目次

[編集] 引数

y - 戻り値が依存ツリーから削除される式

[編集] 戻り値

もはや依存ツリーの一部ではない y を返します。

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.17.3.1 The kill_dependency macro (p: 278)

[編集] 関連項目

kill_dependencyC++リファレンス